のんびり、まったり千葉

郊外には豊かな田園と里山が広がり、気候は温暖、野菜や魚もたくさんとれる。
風景も人も、どこなく大らか。そんな素朴で飾らない千葉のいいトコロを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブログとツイッターとマンドリン&ギター

最近、Twitterでブログの更新をお知らせするようにしたのですが、
昨日更新した“いすみ鉄道のマンドリン・ギター列車”の話題を
プロのマンドリン奏者の方々が興味を持ってRTしてくださいました。

高校生が地域の鉄道を応援する様子や、
アットホームな雰囲気に共感していただいたみたい。

大多喜高校マンドリン・ギター部の皆さん!

皆さんのがんばりを暖かく見守ってくれる人はたくさんいますよ!
列車に乗り込む大多喜校生

私までとってもうれしくなりました。


スポンサーサイト

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2010/07/01(木) 22:27:58|
  2. いすみ鉄道沿線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いすみ鉄道 マンドリン・ギター列車 2010

新田野列車090607



 田園風景の中を走る黄色い列車には、
 アコースティックな音色がよく似合います。


 毎年この時期に開催されている、
 大多喜高校の生徒さんによるマンドリン・ギター列車。



列車内演奏風景

 貴重な通学の足あるいすみ鉄道を守っていこうと、
 この日のために練習を重ねてきた
 大多喜高校のマンドリン・ギター部の生徒さん。


 自分たちが学ぶ地域を大切に思う気持ちは、
 毎年、先輩から後輩へとしっかり受け継がれ、
 涼やかで、どこか懐かしい音色を聞かせてくれました。



年配の方にもおなじみの古賀政男の「丘を越えて」から、映画音楽、JPOP、アニメの主題歌まで、
幅広い年代の人が楽しめる選曲にも、生徒さんたちのおもてなしの気持ちが表れています。


マンドリン写真 ギター写真

ムーミン列車を始め、訓練費を自己負担して列車の運転手さんになる人を募集するなど、
ユニークなアイデアや地域やファンの皆さんのサポートで乗客も増えているよう...。

マンドリン・ギター列車も、昨年よりたくさん人が乗っていて、
後ろの方では、生徒さんたちの姿が見えないくらい!

ムーミン列車の写真 社内の様子

大多喜(10:14)→上総中野→大多喜→大原→大多喜(12:17)の間、
列車内には、とってもなごやかな雰囲気!。

お客さん同士も「どこからですか?」なんて、
気軽に声をかけてみたり...。

アンコールの「丘を越えて」では、みなさんの口から自然と歌が~。

まるで修学旅行のバスにのっているような、楽しくて、ウキウキした気分になれました!

いすみ鉄道のファンサイト“いすみ鉄道ファン”でもおなじみの
tassさんやおとGさんにもお会いできて楽しい一日でした。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2010/06/30(水) 22:41:10|
  2. いすみ鉄道沿線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

歴史的なちゃぶ台を囲んで

桜街道の下草刈りで汗を流した後は、お楽しみのお疲れさま会!
会場は、前回もおじゃましたお寺「西照院」。高台にあるので眺めも最高!
西照院本堂の写真 西照院からの眺望

本堂の隣にあるお家(?)で、今回もお疲れさま会です。
おばあちゃんの家のような懐かしい雰囲気の建物。
広々とした2間の奥には、キッチンとトイレがあります。
お疲れさま会会場写真 屋内写真

さあ、男の手料理の始まり!メインは焼き肉とカツオです!
こういう集まりが定期的にあると、腕のふるい甲斐があるでしょうね~。
手料理の写真 カツオのお刺身の写真
今回も、ちょうどカツオの季節!
今年のカツオはあまり大漁ではなかったようなのですが、
地元の方の目利きで、おいしいお刺身をいただきました。

お刺身に添えられた、笹の葉やお茶の葉(手前の葉っぱ)も、
庭先で採れるんだそうです。
山武市の川島自然農園さんの家でも、
庭にお茶を植えて、それを飲んでいと聞いたことがあります。
千葉でも庭先にお茶を植えるのは珍しくないみたいです。
皆さんが子供の頃には、お味噌もご家庭でつくっていたとか。
子供の頃は、手作りのお味噌を特にありがたいとは思わなかったそうですが、
今考えると、お茶もお味噌も手作りなんて、とっても贅沢。

新田野の地域の皆さんのほとんどが、お仕事を持ちながら、
先祖から受け継いだ畑や田んぼを守っています。
「畑もあり、海も近いので、お肉以外は買わなくていい!?」なんて冗談も。
でも、仕事や家事、育児の合間を縫って畑や田んぼを維持するのは、
私たちが想像するより大変なことじゃないかと思います。

この日は、
畑や庭先に出没するハクビシンやイノシシ、アライグマの苦労話題でも盛り上がっていました。
大変な事も笑い飛ばしてしまうのが、皆さんの頼もしいところ!

子供の頃の話にも花が咲いて、
竹ぼうきでホタルを捕って、蚊帳の中に放したという思い出話も!
(ホタルの群れの中で竹ぼうきを振り回すと、中にホタルが入るそうなんですが、
 ホタルが貴重な今では、ありえない捕獲法ですよね...

もちろん、翌朝起きてみたら蚊帳の中は
 ・
 ・
 ・
動かなくなった黒い虫でいっぱいです

今の子供たちにとってはアニメの中のようなことが、
ほんの数十年前の新田野の子供たちの日常だったんですね~。

6月10日~20日まで、いすみ鉄道でホタルウォッチングトレインが走っていましたが、
ここ新田野でも、今でも田んぼのそばでホタルを見ることができます。
新田野の近くの山田は、ゲンジボタルの里としても知られています。

宴も終わり、

みんなで囲んでいたこの円卓、裏を見たら、昭和5年とお寺のご住職のお名前が...。

え~っ、80年前!!!
円卓裏写真 円卓裏アップ
この日集まった皆さんの、ご両親や、ご祖父母も、
この円卓を囲んで、お酒を酌み交わしたり、お茶を飲んだりしてきたんですね~。

こちらには、集会所で使うような長机もちゃんとあります。
でも、仲間内で集まるときは、この円卓が登場するようです。
「80年も前のものだけど、鑑定に出しても3000円もしないよな~」なんて、
笑い飛ばしながらも、

「全員が同じ距離で、顔を見ながら話せるし、人が増えても詰めれば何人でも座れるから」

と、円卓を気に入っている理由を話してくれました。
これからも、皆さんのお子さんやお孫さんが、この円卓を囲むのでしょうね...。

ここでは、お寺を地元の皆さんが支えています。
西照院の本堂も、この建物も、お寺につづくスロープも
檀家の皆さんの寄進や協力でつくられたそうです。
寄進者の名前が書かれた板 お寺に続くスロープ写真
壁には、この建物をつくるために協力した方々のお名前が残されています。
その中に、ご両親やご祖父母の名前を見つけて、
「あれ、おやじさんじゃないの?」なんて、また話が盛り上がります。

この日、私は初めて「半檀家(漢字あっているかな?)」という言葉を聞きました。
どうやら、お墓のあるお寺が少し離れたところにある場合、
家の近くのお寺さんにもお世話になるので、
半分だけ(?)の檀家さんになるというような意味らしいです。

町中に住んでいると、お寺はお葬式や法事のときにだけお世話になるもので、とっても縁遠い...。
関心は、お坊さんにいくらお金を包むかということくらい。
でも、ここでは宗教とか信仰とかいうものを超えて、文化や生活の一部になっているようです。

今の私の生活の中で、新田野の皆さんのような地域との関わりは難しいけれど、

新田野に来るたびに、
自分たちの住んでいる場所に積極的に関わって、責任を持っていこうとする姿勢を、
ちょっとでも見習いたいなと思います。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2010/06/25(金) 17:50:06|
  2. いすみ鉄道沿線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いすみ鉄道 桜並木の手入れ 2010初夏

6月頭にパソコンが壊れてしまって、かなりしばらくぶりの更新です...

パソコンのデータ救出に手こずっている間に、
6月のいすみ鉄道では、マンドリン・ギター列車やホタルウォッチングトレインなど
イベントがもりだくさんでした。

そんなイベントを目前にひかえた6月6日(日)に、新田野の桜街道の下草刈りにおじゃましてきました。

春にたくさんの人の目を楽しませてくれた桜街道も、6月に入ると下草がボウボウに伸びきってます。

2新田野の桜と菜の花 6月の桜街道

地元の有志のみなさんが集まってさっそく草刈りを開始!

新田野桜街道有志1 新田野桜街道有志2

夏のような暑さの中、人の背丈ほどもある草の中に分け入って、
草刈り機の爆音を響かせながら、手際よく刈っていきます。

[高画質で再生]

いすみ鉄道 新田野桜街道の手入れ 2010初夏 [拍手]

草刈り後の写真 桜並木ゴミ拾いの写真
皆さん、10年以上手入れを続けているので、草刈りも慣れたもの。
1時間半ほどで、すっかりきれいになりました。

刈り終わった草を集め、ゴミを拾って終了です。
この前の週に、地域のゴミ拾いがあったそうですが、
背の高い草の中からは、お菓子やパンの袋や空き缶が結構出てきました...。

[高画質で再生]

新田野 桜街道の鳥のさえずり
草刈りの後、線路の方に上ってみると、
鳥のさえずりが...。う~ん、すがすがしい。

この後は、お待ちかねのお疲れさま会!

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2010/06/25(金) 01:20:02|
  2. いすみ鉄道沿線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いすみ鉄道沿線 新田野の観桜会2010


1新田野桜toみなさん、今年はお花見しましたか?

寺田本家さんの記事もまだ途中ですが...

ここ数年、私が楽しみにしている
いすみ鉄道沿線の桜を紹介します。


4月3日(土)に、いすみ鉄道の新田野駅近くで開かれた観桜会におじゃましてきました!
いすみ鉄道沿線では、たくさんの地域の方々がお花を植えて、地元の足いすみ鉄道を盛り上げています。ここ、新田野でも10年以上前から、地域の方が大切に育ててきた桜が見事な花を咲かせていました。

3いすみ鉄道と花見客 2新田野の桜と菜の花

新田野駅は、JRの外房線と接続している大原駅からいすみ鉄道で10分ちょっと。

周りは田んぼと里山が広がるのんびりしたところですが、
桜並木と菜の花が新聞などにも取り上げられたこともあり、
一昨年あたりから、鉄道と花の写真を撮る人が急増中。

今年は、菜の花の中で絵を描いたり、
桜の木の下で写真を取り合ったりするお花見の人も増えてにぎやかです。

5スナフキンヘッドマーク 6ムーミン車体

いすみ鉄道では、昨年の10月からムーミン列車を走らせています。
この列車はスニフのヘッドマーク。車体にもムーミン一家が描かれています。

この日は、大多喜城でさくらまつりも開かれていたせいか、(大多喜城の桜
上総中野行きの列車は満員で、車内の写真は撮れませんでしたが、
列車の中にも、モールやマスコットなど手作り感あふれる装飾がほどこされていて、
とっても心がなごみます。

沿線や駅には、ムーミン一家の看板やお人形が置かれているので、探すのも楽しい!
私は大原→新田野の間で、釣りをしているスナフキンを見つけました!


こちらが、桜を10年以上育ててきた新田野のみなさん。

6新田野観桜会 11乾杯

春と秋には仕事の合間を縫って下草を刈り、菜の花の種をまきます。
同じ地域に住んでいても、日頃はそれぞれの仕事で忙しいみなさん、
お花見は、地域の絆を深める大切なイベントの一つです。


8男の料理 12竹のコップ
この地域の男性はお料理上手。魚をさばいたり、天ぷらを揚げたりもお手の物。
近くから切り出してきた青竹で、コップやお皿もつくってしまいます。
エコ&風流ですね~。この辺りは、食も文化も本当に豊かでうらやましいです。

9参加者
いすみ市の活性化に尽力されている青柳さん(中央)、
歌声でいすみ鉄道と大多喜の町を盛り上げている新井さん(右)も参加。
左は、バラ作りの名人で、みなさんから慕われている最年長の浅野さん。

新井さんは、地域の祭り唄の伝承にも力を入れていて、
歌い継がれてきた祭り唄の歌詞を印刷して配布したり、
新しい歌詞を創作したりしています。

祭り唄の歌詞は、その地域の生活の中から生まれてくるものなので、
新しくつくってもいいのだそうです。初めて知りました!


宴が盛り上がると自然と祭り唄が...。

[高画質で再生]

いすみ鉄道 新田野 桜の下で祭り唄

新田野に来るたびに感激するのが地域のみなさんの懐の広さと温かさです。

宴会の間も、桜を見に来た人に次々と声をかけて飲み物や料理をすすめて、
すすめられた方がちょっとビックリするくらいフレンドリーです。
私が新田野に興味を持ったのも、花見をしているみなさんから、
山菜の天ぷらをいただいたのがきっかけでした。(結局、食い気

この日も、ご家族がお勤めされているからと、
大原の有名なひものやさん魚匠のひものをお土産に持たせてくださったり、
(大きくて、脂がのっていて最高のひものです!)
帰りの電車を心配して、クルマで駅まで送ってくださったり、
(しかも大多喜の竹の子まで持たせてくださって... 
 竹の子ご飯&おみそ汁でいただきました。おいしかったです!)
ありがとうございました!


みなさんは、自分たちが花見をしたいから、
桜を植えて手入れをしているんだと言いますが、
外から来た人にも楽しんでもらおうという温かい心遣いからは、
地域を元気にしたいという気持ちが伝わってきます。

歴史に詳しい地元の方の話では、
千葉県でもっとも早く自由民権運動が起こったのは、
新田野からも遠くない大原だそうです。
この地域では自分たちの手で地域を守っていこうという気持ちが、
自然に根付いているみたいです。

行政や地域に何かしてもらうことばかり期待している
自分はちっちゃいな~と、反省

みなさん、ありがとうございました!
新田野といすみ鉄道に乾杯!
13いすみ鉄道に乾杯!

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2010/04/13(火) 20:59:53|
  2. いすみ鉄道沿線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。