のんびり、まったり千葉

郊外には豊かな田園と里山が広がり、気候は温暖、野菜や魚もたくさんとれる。
風景も人も、どこなく大らか。そんな素朴で飾らない千葉のいいトコロを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャガイモからトマトの実!?

昨日、一昨日の雷雨にも負けず、
川島自然農園合鴨くんたちは元気だそうです。

ところで、今日の夕方、テレビ朝日のスーパーJチャンネルで、
「家庭菜園のジャガイモにトマトのような実がなってビックリ!」
というニュースを取り上げていました。

ついこの間、川島自然農園で
トマトみたいなジャガイモの実を
見せてもらったばかりだったので私もビックリ。

これが、そのとき見せてもらったジャガイモの実です。

ジャガイモの実

グリーンのプチトマトみたいなのがジャガイモの実。

ジャガイモは、実ではなく地下の茎の部分なんですね。
ジャガイモとトマトは、似てもにつかないけど、なんと同じナス科の植物!
それで、似たような実がなるみたいです。

ジャガイモと実


ちゃんと下にはジャガイモができていますよ。
きたあかりという、ほくほくしておいしいジャガイモです。

ジャガイモの実半分

実を半分に切ってみました。

かたくて水分は少ないですが、内側もトマトに似ています。

でも食べちゃダメです。毒があるそうですよ。
家庭菜園の人は気を付けて下さいね!

ジャガイモは種芋で増やしますが、
新しい品種をつくるときなどに、この実の種を交配させるそうです。
この日、川島自然農園に来ていた千葉県の農業を支援する部署の職員さんに教えてもらいました)

このジャガイモの実、TVでも取り上げられてしまうくらいだから、
すごく珍しいものかと思ったら、
川島さんの畑では「ひんぱんに見かける」とのこと。

私たちが知らないだけなんでしょうね~。

スーパーで野菜を買うだけでは絶対に見られないものなので、
畑で実際に見ることができてラッキーでした。


次こそ、合鴨くんの田んぼデビュー! かな?

スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2009/06/17(水) 23:07:51|
  2. 無農薬野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

6月の無農薬野菜【きたあかり】

千葉県で無農薬・無化学肥料の合鴨米をつくっている
川島自然農園さんの畑におじゃましました。

この畑で採れた無農薬の野菜は、川島さんのご家族が食べたり、
お米を注文してくださったお客さんへのオマケになったりします。

ミセス川島

こちらは畑で野菜づくりをする
川島さんの奥さま。

この写真ではその魅力が
ちっとも伝わらなくて残念ですが、
とっても明るくて、素敵な女性です。

おいしさや安全性にこだわる川島自然農園の奥さんだけあって、食への関心が高く、自家製のお味噌やお豆腐づくりにチャレンジしたり、天然酵母のパンを焼いたり、庭にあるお茶の木の葉を摘んで手揉み茶にも挑戦したそう! 川島さんの奥さんは、公務員として市のお仕事をなさっているので、お米づくりは川島さんに任せて、野菜作りなどをお手伝いされているそうです。川島自然農園のように本格的な農家さんでも、奥さんは外で仕事をなさっている兼業農家。今は、専業農家はごく少数なのだそうです。

では6月の無農薬野菜を少しご紹介します。

きたあかり花
こちらは5月半ばに撮影した
ジャガイモの花。
きたあかりという品種です。
中身がほんのりと黄色い
のが特徴だそうです。


きたあかり地中

5月の末、花が終わり
新ジャガができていました。
お米を精米した時にでる米ヌカを
肥料にしているそうです。
無農薬のお米のヌカなので安心です。


紫ジャガ花

こちらは、
中が赤いジャガイモ。
茎も普通のジャガイモと違って
ムラサキ色。
実が生るのが楽しみです。

ジャガイモの周りに
芝生のように青々と
生えているのは雑草。
無農薬の畑で
野菜と一緒に元気に育成中です。


きたあかり泥付
きたあかりを
少しわけていただきました。
こちらは5月の末に
掘ったものなので、
まだ少し小さめ。
お米を注文して下さった
お客さんにはもっと立派な
きたあかりが届くはずです。

きたあかり洗
土を落とそうとタワシでこすると
皮がきれいにむけてしまいます。
無農薬のジャガイモは、
皮ごと食べたかったので、
タワシは中止。
芽のところがピンク色です。
これもきたあかりの特徴だそう。

きたあかり蒸し
小さいおイモは蒸して食べました。
ほくほくしているのに、
粉っぽさがなく、
ちょっとサツマイモに似た食感。
お塩やマヨネーズも用意しましたが、
ほんのりとした甘味があるので、
何もつけなくてもおいしいです。
煮くずれしやすいそうなので、
ポテトサラダやベイクドポテトなどに合いそうです。
きたあかり炒め1

こちらはローズマリーの葉と一緒に
じっくり炒めました。
味付けは塩だけで十分。
あざなかな黄色がおいしそうです。


無農薬の野菜は、皮もむかなくていいし、味がしっかりしているせいか、シンプルな調理で十分おいしいです。ゆでたり、炒めたりするだけでいいので、手抜きな私にぴったりの食材です。


テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2009/06/09(火) 22:11:49|
  2. 無農薬野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月の無農薬野菜【さやえんどう・そらまめ】

千葉県で無農薬・無化学肥料の合鴨米をつくっている川島自然農園さん。

農園には田んぼだけでなく、無農薬野菜の畑もあります。

この畑で採れた野菜は、川島さんのご家族が食べたり、
お米を注文してくださったお客さんへのオマケになったりします。

オマケなので量は多くありませんが、新鮮でおいしいので
楽しみにしているお客さんも多いと思います。

畑0506
畑に足を踏み入れると
ふかふかの土が心地いいです。
こちらは5月上旬ジャガイモの様子。

無農薬なので雑草が顔をだしています。
土の上の細かい緑が芽を出した雑草。
写真をクリックすると拡大します。


田植えの準備の合間に5月の旬の野菜を見せていただきました。
(UPはすっかり6月になってしまいましが…汗)

サヤエンドウ花 サヤエンドウ畑

サヤエンドウの花が咲いていました。花の下には実もなっています。
川島さんは三月豆と呼んでいました。サヤエンドウの別名らしいです。

さやえんどう2 さやえんどう3

少し分けていただきました。右は洗ってスジを取ったもの。
大きさはバラバラですが、とっても新鮮でみずみずしいです。

私は、シンプルに油で炒めていただきました。
シャキシャキした食感が良く、とてもおいしかったです。

そらまめ畑
5月の半ばになると
ソラマメが
たくさん実をつけていました。


畑をうろうろしていると...。


てんとうむし

ソラマメの葉っぱの上に
ナナホシテントウを発見!


最近、我が家の庭で見かけるのは黒地に赤い星2つのテントウ虫ばかりですが、
畑にはナナホシテントウもたくさんいるんですね。


てんとうむしvsあぶらむしよく見ると、ソラマメにたかるアブラムシを狙っているようです。茎の黒い点々がアブラムシです。そういえばテントウ虫って、アブラムシを食べる益虫なんですよね。写真をクリックすると拡大しますが、虫がきらいな方はご注意ください。



テントウ虫に守られて育ったソラマメを少しわけていただきました。
そらまめさや そらまめむき そらまめゆで
さやをむいてみると、黒い部分にまだ色がついていません。
新鮮な若いソラマメは、特有の匂いも少なく、さっと茹でて皮までおいしくいただきました。

そらまめビール
もちろん、おともはビールに限ります


テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2009/06/03(水) 18:15:30|
  2. 無農薬野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。