のんびり、まったり千葉

郊外には豊かな田園と里山が広がり、気候は温暖、野菜や魚もたくさんとれる。
風景も人も、どこなく大らか。そんな素朴で飾らない千葉のいいトコロを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

八百万人をめざす住民ディレクター

11月1日に、福岡県の東峰村という2500人のちいさな村で、
村民によるケーブルテレビ「とうほうTV」が1周年を迎えました。


テレビで話すキャスターも、撮影するカメラマンも、その映像を編集するのも村の人たち。
村長自らビデオカメラをもって撮影までしてしまう、村民によるテレビです。
1周年の記念番組では、普段は村内でしか見られない
「とうほうTV」のUstreamによるネット中継もしました。
私も、裏方として参加して、ちょっとだけ出演もさせてもらっています。




私は2年ほど前から、住民が自らビデオカメラを持って、住民の視点で番組をつくる
“住民ディレクター”という活動に取り組んでいます。

テレビ局で番組をつくっているディレクターを、自分たちでやっちゃおう!という発想の活動です。

この取り組みは、私が(勝手に)師匠と仰ぐ、岸本晃さんが15年前に九州で始めたもの。

岸本さんは、テレビ局でのプロとしての番組づくりの経験と反省をもとに
番組づくりは、地域づくりの力を養うことができると考え、
テレビ局を退社して、住民ディレクターの活動を始めたということです。

岸本さんが始めた“住民ディレクター”の活動は、15年間で日本各地に広がり、
福岡の「とうほうTV」を始め、
熊本で15年近く地域の番組をつくり続けている「使えるTV」など、
先進的な例がいくつか生まれています。

私が、このブログを始めたのも、
千葉に住んでいながら、千葉のことを全く知らなかったので、
いつか千葉で住民ディレクターのような活動
思を通して、
生まれ育った地域を見直して、縁を深めたいとい思いがありました。

会社勤めをしていたときは、仕事に追われて家には寝に帰るだけでしたが、
フリーランスとして家で仕事をする時間が多くなり、ちょっとサーフィンをかじったりするうちに、
なんだかオシャレじゃないな~と思っていた千葉に、
オシャレじゃないからこそイイところがたくさんあると感じるようになりました。

住民ディレクターの活動を始めて、
東峰村に何度が足を運んだり、熊本の仲間と親交を深めたり、
東京杉並での住民ディレクター活動に加わるうちに、
どの地域にも、それぞれかけがえのない個性や良さがあるな~と
しみじみ感じるようなりました。


東峰村の「とうほうTV」の1周年は、
岸本さんが長年温めてきた住民ディレクターの全国ネットワーク
「一般社団法人 八百万人」の旗揚げの日ともなりました。

「八百万人」は、やおよろず・びと、通称はっぴゃくまんにん。
新しくて便利な機器を使いつつ、住民ディレクターネットワークを広げて、
八百万(やおよろず)の神々が、自由にのびのびと才能を生かして開拓し、
成長させてきた日本文化を継承していこうと立ち上げた社団。
私もそのスタッフの一人として参加させてもらっています。

今は、ビデオカメラやパソコンも安くていいものがたくさん出てきました。
携帯電話、スマートフォン、iPhone、iPadなどでも、簡単に動画が撮影でき、
YouTubeやUstream、SNS、ブログ、Facebook、Twitterなど、
番組や情報を発表する場もたくさんあって、
これまで数百万~数千万円もかけてつくっていたTV番組やCMなどに近いものが、
個人の力でもできるようになってきました。

もちろん、大がかりな番組や多くの人に購買意欲を出させるようなCMを
素人がつくることはできませんが、素人だから、その地域の住民だからこそ
地域づくりにつながる、それぞれの地域が本来持っている個性を生かした番組ができると思います。

八百万人は、こうした便利な技術と地域で育まれた縁や文化をつなぐ場でもあります。

そして、東峰村で確かに感じた、
地域の番組づくりを通して村が一体になっていく連携の力は、
これからの世の中にますます必要とされていくことじゃないかなと思います。


八百万人のウェブサイト
http://www.yaoyorozu-hito.jp

八百万人では、
会員制のSNSを通じて住民ディレクターのネットワークを広げています。
興味のある方は「八百万SNS」をのぞいてみてください。

http://sns.yaoyorozu-hito.jp/

スポンサーサイト

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

  1. 2011/11/20(日) 14:08:51|
  2. 住民ディレクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

杉並TVと教会通り商店街のみなさんがJ:COM東京に生出演 今夜18:00~


千葉の話題ではありませんが...。

私が最近、元気をもらっている杉並TVの活動が
今日18:00~ J:COM東京で放映されます。

Jcom番組PR
↑クリックで拡大します

地元のフツーの人が、ビデオで町を撮影して、
webなどで公開する番組をつくるプロセスの中で、
自分たちが暮らす町の良さを再発見して、発信するという
「住民ディレクター」の活動を杉並区で広げているのが、杉並TV。

杉並区の荻窪にある教会通り商店街のみなさんと一緒に、
地元の人が商店街のお店のCMをつくってしまう“二人三脚CM”や
教会通り商店街のお祭りを5時間にわたって生中継してしまう番組などを制作しています。




↑こちらは5時間中継番組のメイキング
私も少しだけ番組制作に関わらせてもらっています。

5時間中継や他の番組を見たい方は杉並TVのwebサイトへどうぞ。

「住民ディレクター」のいいところは、
ビデオで番組をつくりながら、能動的に地域と関われるところ。

自分の町のために何かしたい、もっと町と関わりたいと思っても、
仕事や子育て、家事に追われる毎日ではなかなか実践できないモノですが、
番組制作をきっかけにすれば、町や地域に入っていきやすいです。

ビデオ撮影や番組制作なんて難しそうに思うかもしれませんが、
「赤いボタンを押せば録れる」ので、誰でもできる!というのが基本。

今日のJ:COMの番組を見てもらえればわかりますが、
番組に参加しているのは、ごくフツーの荻窪の地元の人たちです。

今日は、これから生放送の収録の見学に行ってきます!
みなさん、番組みてくださいね。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

  1. 2010/04/21(水) 11:01:54|
  2. 住民ディレクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰でもTV!

長らくご無沙汰しておりました...

今日は、突然ですが“市民テレビ”のお話です。

この活動、知らない人に説明するのはちょっと難しいのですが、
ふつうの人が、ビデオカメラを持って住んでいる町や身近なことを撮影し、
TV番組をつくって、ネットで放送してしまおう!という活動です。

地域情報化の業界では“住民ディレクター”という名で知られていますが、

つまりは...、地域に住んでいる住民がテレビのディレクターになって、
テレビ番組をつくちゃおう!という活動。

東京の杉並区で、この住民ディレクターの活動をしている
「杉並TV」さんとご縁があり、
昨年の12月には、荻窪の教会通り商店街のおまつりのネット中継をお手伝いしました。

メイキングの様子

ほとんど素人ばかりのスタッフで5時間もの生中継を敢行。
いろいろと不具合もあったものの、結局5時間放送できてしまったのがすごい!

「ビデオなんか撮って何が面白いの?」と思うかもしれませんが、
ビデオ撮影や番組づくりを通して、撮る方も、撮られる方も、本当にいろいろな発見があるんです。

千葉のことをいろいろと紹介したいとブログを始めましたが、
動画の番組制作にもチャレンジしたいなぁと思い始めている今日このごろです。

杉並TVさんの活動はこちらで
http://www.suginami-tv.jp/site/home.html
(5時間の生中継の映像も見られます)

住民ディレクターの生みの親、岸本晃さんのウェブサイト
http://www.yaoyorozu-hito.jp/
(昨年の水害で大きな被害を受けた兵庫県佐用町で住民がつくった番組なども)


実は明日、杉並TVさんが慶應大学で行われる講演会
「Twitter(ツイッター)によるプラットフォームの可能性」
の中継をすることになり、私もお手伝いする予定です。

今注目のITジャーナリスト津田大介さんとブロガーでもある小川晃通さんの講演、面白そうです。
話題のツイッターも気になりますね~。

こちらで、明日16:00から講演の様子がライブ中継されます!
http://www.suginami-tv.jp/site/Live.html

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

  1. 2010/01/27(水) 22:17:49|
  2. 住民ディレクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。