のんびり、まったり千葉

郊外には豊かな田園と里山が広がり、気候は温暖、野菜や魚もたくさんとれる。
風景も人も、どこなく大らか。そんな素朴で飾らない千葉のいいトコロを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マンドリン・ギター列車

6月12日、いすみ鉄道の列車内で、
大多喜高校のマンドリン・ギター部が演奏を披露してくれる、
マンドリン・ギター列車に乗ってきました。
列車正面
こちらがマンドリン・ギター列車。
列車の前に付いているプレートも大多喜高生の手づくりだそうです。
普通の列車にもう1車両連結して、2両で運行しました。

列車内

大多喜駅を発車すると間もなく演奏が始まりました。

最初の曲は、「カントリーロード」。車窓の田園風景とピッタリです。
その後は、古賀政男の「丘を越えて」、
サウンド・オブ・ミュージックの「マイ・フェイバリット・シングス」、
越路吹雪の「愛の賛歌」、ポルノグラフティの「シスター」など、
幅広い年齢層が楽しめる曲を演奏してくれました。
私が特に気に入ったのがアンジェラ・アキの「手紙」とスピッツの「チェリー」、
郷愁を感じさせる「コンドルが飛んでいく」も良かったです。

演奏をしている前の車両は、ほぼ満席ですが、
2両編成なので、後の車両のほうは、
演奏はかすかにしか聞こえませんがゆったり座れました。

田園風景 マンドリン ギター
繊細で穏やかな音色と、コトコト走る列車の心地よい揺れ、
車窓から眺める初夏の田園風景の組合せは癒し効果バツグンです。


超短いですが、雰囲気だけでも味わってください。

小谷松アジサイ
アジサイの花も、
まだまだ楽しめそうです。
小谷松駅では、
夜間アジサイのライトアップをしているそう。


あっという間に上総中野駅です。
上総中野 軌道自転車
ここは小湊線との乗り継ぎ駅なので、お隣のホームに小湊鉄道のツートンカラーの列車がいます。こちらもカワイイです。マンドリン・ギター列車は、上総中野駅から折り返して大原まで行き、再び大多喜駅に戻ります。

右の写真は、線路などを修理するときに今でも使われているものだそうです。写真を撮っていた方がいたので、真似して、用途まで教えていただきました。いすみ鉄道に乗っている方は皆さん親切です。

maruさん3
mokaのヴォーカルmaruさんが、
いすみ鉄道応援ソング「黄色い列車」
を歌ってくれました!

いすみ鉄道ファンのサイトにリンクがあったので、web上では何度も聴かせていただいていましたが、生で聴けるなんてビックリ。澄んだ歌声がとても素敵でした。写真掲載OKとのことだったので、列車の揺れであまり上手く撮れなかったのですが載せさせてもらいます。maruさんありがとうございます。

座席のマンドリン
演奏に使ったマンドリン。
カタチがとてもカワイかったので、
生徒さんにお願いして
撮らせていただきました。

写真が撮りやすいように、はじっこを押さえてくれた
優しい生徒さんどうもありがとうございます。

揺れる列車の中での演奏は、大変だったと思いますが、ずっと素敵な調べを奏でてくれた生徒さんたち。リハーサルの時は、列車の揺れに酔ってしまった人もいたとか…。当日は、そんな様子は少しみせずに、心地よい音色を聴かせてくれました。
わかりやすく演奏曲や楽器の説明もしてくれて、とても楽しめました。いすみ鉄道グッズのPRもちゃんとしていたところは、さすが大多喜高生。(いすみ鉄道は廃線の危機にさらされていて、大多喜高校の皆さんは、大切な通学の足を守るために駅の清掃やイベント列車の企画などさまざまな努力をしています)
次の土曜日、6月20日は大多喜高校の文化祭「明善祭」だそうです。美術や音楽などに秀でた生徒さんが多いとのこと、文化際も楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/14(日) 01:52:26|
  2. いすみ鉄道沿線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。