のんびり、まったり千葉

郊外には豊かな田園と里山が広がり、気候は温暖、野菜や魚もたくさんとれる。
風景も人も、どこなく大らか。そんな素朴で飾らない千葉のいいトコロを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

田んぼで国際交流!

6月26日に、川島自然農園にアフリカから視察団がやってきました。
Kwasima organic farm had a visiting from African countries at June 26. They researched the way of duck rice cultivation.

田んぼの合鴨くん

アフリカの皆さんが興味を持ってくれたので、恥をしのんでヘタな英語の文をつけました。読み飛ばしてくださるか、大きな間違いは指摘してくださるとうれしいです。(小さな間違いはたくさんあるので見逃して下さい)
Dear Sir and Madam, I am so glad to meet you again on this blog. Thank you for your visiting at organic farm. We had a wonderful time with you. So I put some English for you. I hope you understand my English. If you have any impression or opinion about this blog or visiting of organic farm please let me know. Mr. Kwasima and I are looking forward to hear from you. Some of you have my email so please ask them. I hope you enjoy staying Japan. Talk to you soon!


アフリカ視察団

この視察は、JICAのアフリカで稲の栽培を広げるためのプログラムの一つだそうです!
It was one of programs of JICA. JICA sports to extend rice cultivation for African countries.

やってきたのは8カ国10人の皆さん。JICAの担当の方や、国際協力のNPOの方、川島自然農園をサポートしている千葉県の方も一緒でした。
They were 10people from 8 countries. And there are some Japanese people from JICA, NPO of international cooperation, and agricultural department of Chiba prefecture.

参加した皆さんの国は、ブルンジ、エチオピア、ケニア、マダガスカル、ナミビア、ニジェール、タンザニア、ウガンダ。
皆さんは、政府の農業担当の方、大学や研究機関の研究者、NGOの人など、それぞれの国のエリートさんたち。フレンドリーで、礼儀正しくて、とっても熱心な人たちです。
8 African countries were BURNDI, ETHIOPIA, KENYA, MADAGASCAR,NAMIBIA, NIGER,TANZANIA, UGANDA.
They were specialist of agriculture. Most of them were government officer, technician, scholar, or official trainer. They were very polite and friendly. I was impressed that they had a lot of passion for extending of rice farming for their own countries. I thought they were working very hard in Japan.

撮影団

話をする川島さんと通訳をしてくださるJICAの方を、みんなでビデオやカメラの動画に収めている姿がなんだか不思議な雰囲気。この日は、テレビや新聞の取材も入っていたので、川島さん曰く「だれがマスコミか分からなかったよ!」
Everybody brought video cameras and cameras and took Mr. Kawasihma and the interpreter were explaining about duck rice. It looked a little bit funny. Because there were some journalists of a TV and newspapers too. Mr. Kawasihma said that he couldn’t recognize who were the journalists!

合鴨キャッチ 田んぼを観察

合鴨くんをつかまえようとしています。積極的です!
この日は、インディカ米の一種のサリークイーンと、千葉県が開発したタンパク質の一種が少なく、腎臓病の方や低タンパクの食事療法が必要な方に向いているお米ゆめかなえなどの田んぼを見学しました。
He was very interested in rice duck and tried to catch a duck. It looked fun! I thought he enjoyed the visiting very much. They researched some different kind of duck rice paddy.

ナミビアの人
ナミビアの方が、タンザニアの方にインタビューをしていました。「いろいろな立場の人の意見を聞きたい」とのこと。アフリカでも国によって、環境や政策がちがうのでしょうね~。私にまで、カメラを向けて、「どうして川島さんのお米を買うのか?」「この農法のどこがいいと思うか?」などと質問。しどろもどろで答えましたが、果たして私のなんちゃって英語が通じているか…。
他には、みんなから「お米と合鴨、どっちを買ってるの?」と聞かれました。「川島さんはお米しか売ってないよ」と答えましたが、すごくニコニコしながら聞いていたから、もしかしてアフリカンジョークなのかな?
The man from NAMIBIA interviewed with the man from TANZANIA. He said that he wanted to gather a lot of opinion about rice cultivation. He interviewed with me too. He asked me why did I buy duck rice and what is good points of duck rice cultivation. I told him that duck rice was delicious and good for health and raising rice without chemicals was good for environment. I wander why they asked me often‘ which did you buy rice or duck?’ Mr. Kwashima didn’t sell ducks.

マダガスカルの人 トラクター横
ビデオを撮っているのは、マダガスカルから来た彼。マダガスカルでは、田んぼの除草はほとんど手作業なので農家はとても大変なんだとか。環境や健康のために農薬は使いたくないので、合鴨農法に興味があるとのこと。
「小さいクボタを持ってるよ」と、まるで「トヨタを持ってるよ」みたいな感じで、話していたのが印象的でした。川島自然農園にあった大きなトラクターを見て「日本はお金持ちでいいね~」と言っていたので、「日本の農家もトラクターの借金で大変なんだよ」と少しだけ日本の農業の大変さも伝えてしまいましたっ。
He was from MADAGASCAR. He told me that most of farmer in MADAGASCR picked weed by hand. It was very hard for them. But weeds killing chemicals were expensive for farmers. And they didn’t want to use chemicals for their health and environment. So he was very interested in duck rice cultivation.
When he looked Mr. Kwashima’s tractor he said that Japanese farmers were rich, so they could use machinery. I told him that Japanese farmer had a huge dept of machinery it was very hard for them. Farmers were very hard work in every countries.

収穫機



川島さんが、古い農具を見せてくれました。
初めて見た私は何だか全然分かりませんでしたが、
さすがアフリカの農業の専門家、
ちゃんと稲刈機だとわかりました。


Mr. Kawashima showed us old farming tools. I saw this tool at first time I didn’t know what did it for. But specialists of agriculture from Africa knew what it was. It was tools for harvest.

脱穀機

エチオピアから来た女性が
興味を持っているのは、昔の脱穀機。
どちらの機械も50年くらい前に
使われていたものだそうですが、
川島自然農園では、
小学生の体験実習のときに
今でも使っているそうです。


She was from ETIOPIA interested in threshing machine. Those machine and tool were used about 50years ago. But Mr. Kawashima were using those tools for farming study of school kids.

長くなってしまったので続きは次回! 
To be continue!
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:ライフ

  1. 2009/07/02(木) 14:55:47|
  2. 合鴨米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。