のんびり、まったり千葉

郊外には豊かな田園と里山が広がり、気候は温暖、野菜や魚もたくさんとれる。
風景も人も、どこなく大らか。そんな素朴で飾らない千葉のいいトコロを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おいしい!インディカ米

梅雨明けのような暑さですね!
こんな時はエスニック料理が食べたくなります。

カレーなどのアジアの料理にピッタリなのが
長細くて香りが豊かなインディカ米。
川島自然農園では、
サリークイーンというインディカ米の一種をつくっているんですが、
何とも言えない芳ばしい香りがあって、とってもおいしい~! 

もちろん合鴨くたちが働く田んぼで育った無農薬の合鴨米です。
合鴨農法のインディカ米って珍しいんじゃないでしょうか???

グリーンカレー2 グリーンカレー1
サリークイーンはタイ米に似た香りがあるので、まずはグリーンカレーに合わせてみました。 やっぱり、日本のお米でつくるより断然合います!
タイ米というとクサイと思われる方もいるかもしれませんが、サリークイーンは、ポップコーンのような芳ばしい香りがします。特に炊いているときは、家中にとっても良い香りがして、炊きあがるのが待ちきれないほどです!

グリーンカレーのペーストはちょっと大きめのスーパーに行くと売ってます。そのペーストにココナッツミルク(粉末でも缶詰でもOK、グリーンカレーのペーストの脇に必ずありますよ)そこに鶏肉やなす、ピーマン、竹の子などお好みの野菜を入れて煮ればすぐできるので、普通のカレーよりラクかも…。

ナシゴレン2ナシゴレン1
お米が細長くてベタつかないので、チャーハンにもピッタリです。中華鍋を振れなくっても、カンタンにパラパラのチャーハンができます。味付けは少しアジアっぽい方が合うかも…。写真は、家で良くつくる冷蔵庫の残り物チャーハンにちょっとニンニクを効かせて、目玉焼きをのっけたナシゴレン風。ナンプラーやサンバルを入れるともっと本格的な味になりますよ。

ライスサラダ
私はサリークイーンの香りが大好きなので、お米の香りをいかしたメニューができないかと思って、自己流ライスサラダをつくってみました。炊きあがったサリークイーンの粗熱をとって、お酢とオリーブオイル、塩、胡椒、トマト、タマネギ、そら豆、ニンジンピクルスをまぜて出来上がり。お米の香りを楽しみたかったので、ハーブはいれませんでしたが、バジルやパセリも合うと思います。お好みの野菜と、ドレッシングで和えてもいいかも。冷やしても食べられるし、香りもいいから、暑くて食欲がないときにもピッタリです。

サリークイーン米 サリークイーン飯
サリークイーンは、バスマティ米というインディカ米と日本のお米を交配してつくった品種。JICAのアフリカ視察団のみなさんにも試食してもらいました。バスマティ米を食べ慣れているアフリカの皆さんは、香りはバスマティ米の方が良いと言っていましたが、味も香りも繊細なサリークイーンは、日本人に向いているインディカ米だと思います。

苗アップ
このサリークイーンは、田んぼに植える前のまだ若い苗も、お米を炊いたような良い香りがします。田植えにおじゃましたとき、苗の香りをかいだら、思いっきりお腹が空いて困りました…。
もう少したら稲の花が咲く時期なので、
花からもお米の香りがするかチェックしたいと思います!
スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2009/07/13(月) 22:12:12|
  2. いろんな合鴨米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。