のんびり、まったり千葉

郊外には豊かな田園と里山が広がり、気候は温暖、野菜や魚もたくさんとれる。
風景も人も、どこなく大らか。そんな素朴で飾らない千葉のいいトコロを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

田んぼでプチ国際交流

アフリカの皆さんの様子


 川島自然農園で、
 合鴨農法・自然農法の研修をする
 アフリカ諸国の皆さん。

 その様子を紹介しようと、新聞やTVの方々が今年も
 田んぼで汗だくになりながら取材してくださいました!
 




今回は、NHK国際放送というラジオの取材もあり、
海外に向けてさまざまな国の言葉で研修の様子が紹介されました。

NHK国際放送(英語)のサイト
http://www.nhk.or.jp/nhkworld/english/radio/program/index.html
7月22日(木)まで、JICAのトレーナーさん、アフリカの皆さん、
川島さんのインタビューと当日の様子の放送が聞けます。
あと二日しかないのですが... (先週から1週間放送してました...)

限られた時間の中で、手際よく取材をするマスコミの皆さんに感心!
NHK国際放送の方は、いつの間にたくさんの研修生にインタビューしたんだろう!!!
うぐいすの鳴き声がBGMのように入っていて、広々とした田んぼが目に浮かぶようなラジオ番組です。

プロの皆さんに刺激を受けて、私も田んぼからの移動の途中につたない英語で研修生たちに話しかけてみました。



下手な英語は恥ずかしいのですが、せっかく皆さんがきちんと答えてくださったので...。
(字幕はあまりあてにしないでください...

昨年も感じましたが、アフリカの皆さんの環境や自然に対する意識はとても高いです。

でも、アフリカではお米の収穫量を増やすことがとても大切なので、
大量生産のために農薬に頼らざるを得ない現実があるのかもしれません。

昨年は、
「農薬は高くて買えないので、農家が手作業で雑草を取らなくてもいい合鴨農法はいい!」
と言っていてた研修生もいたので、アフリカでもそれぞれの国で事情は違うようですが...。

日本でも、お米の価格がどんどん安くなっているので、
大量生産しないと農家の方は生活できない
→だから農薬から逃れられないという一面があります。

合鴨米は、農薬も化学肥料も与えない代わりに、
通常の田んぼより広い間隔で苗を植えて、お米の生命力を高めます。
そのために、農薬を使っている田んぼより収穫量は少なくなりますが、
冷害などにも強いお米ができます。

川島さんには、付加価値のあるお米をつくることで、
補助金などに頼らずに自立した農業を続けたいという思いがあります。

なので川島自然農園では、
タンパク質を控える「食事療法」をしている方ための、
タンパク質が吸収されにくい低タンパク米「ゆめかなえ」や、
香りがよく、カレーやエスニック料理にあう「サリークイーン」など、
より付加価値のある合鴨米づくりにも力をいれています。

アフリカの皆さんにも、
農家がきちんと生活できる付加価値のあるお米づくりについて熱く語っていました。

さて、この後一行は、
田んぼから移動して、お米の試食と意見交換会へ。

づつく...。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:ライフ

  1. 2010/07/20(火) 23:00:22|
  2. 合鴨米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。