のんびり、まったり千葉

郊外には豊かな田園と里山が広がり、気候は温暖、野菜や魚もたくさんとれる。
風景も人も、どこなく大らか。そんな素朴で飾らない千葉のいいトコロを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いすみ鉄道 豊かな田舎暮らし

いすみ鉄道の新田野駅近くの桜並木を育てている皆さんに、
桜の下草刈りの様子を見せていただいた後、
反省会(という名の飲み会)にも参加させてもらいました。
新田野駅090607
こちらは、いすみ鉄道の新田野駅。田んぼに囲まれた、なんとものどかな所ですいすみ鉄道は1時間に1本くらいしか列車がありませんが、こんな駅でのんびり列車を待つというのも、贅沢な時間の使い方かもしれません。

新田野列車090607
反省会の会場となったのは地域のお寺「西照院」からの眺め。
少し高台にあり見晴らしが素晴らしいです。

真竹 カツオ
おつまみを持ち寄っての反省会です。左は、近くで採れた真竹。ちょっぴり苦みがあって、まさに旬の味。右はカツオ、新田野は大原や勝浦にも近いので、おいしい海の幸も楽しめます。魚をさばくのが上手な男性も多いそうで、カツオも丸ごと一匹さばいてしまうとか…。

この辺りは、土地が粘土質で、水がきれいなので、おいしいいすみ米でも有名。地域の多くの方が兼業農家なので、新鮮な野菜にも事欠かないせいか、板前さん級の料理の腕を持つ人もいらっしゃいます。近くには、ファミレスも、ファーストフードもないけれど、本当の意味で食が豊かな所だと思いました。

反省会
新田野の皆さんは、とてもユニークな方ばかり。職業もそれぞれ違い、クルマに詳しい方、植物に詳しい方、大工仕事が得意な方、地域の歴史に造詣が深い方など、いろいろな特技を持っています。

桜並木をつくるときも、重機を借りて土地の造成から始めたそうです。植木に関する知識が豊富な方も多いので、見事な桜に育ちました。

その他にも、バスを待つ子どもたちのためにバス停に小屋をつくってしまったり、バスを利用する子どもたちが減ったらその小屋をゴミステーションに再利用したり、お寺に続く坂道を舗装したり、自分たちの力で暮らしやすい地域をつくっています。

リーダー プリンセスダイアナ
こちらは、皆さんから慕われる長老。長老という呼び方に違和感をおぼえるほど、若々しくて、頼りがいのある、素敵な方です。地域の中心的存在であるだけでなく、バラを育てる達人。ご自宅のお庭には数え切れないほどの見事なバラの株がありました。野バラに接ぎ木をして、大輪の花を咲かせる丈夫なバラを育てているそう。写真のプリンセスダイアナという品種は、今年は直径が18cmほどもある花を咲かせたそうです。今回は、花の時期を逃してしまったので、秋にはぜひ満開のバラを紹介したいです。

新田野の皆さんは、土地の歴史にも詳しく、お祭りや地域の行事なども大切にしています。今でも昔の屋号でお互いを呼び合うなど、地域の伝統や文化が生活の中でしっかり息づいているように感じました。

自分たちの住む場所を自分たちの手で良くしていこうという新田野の皆さんは、とてもイキイキとして見えます。便利だけれど、地域との結びつきが希薄な都会にはない豊かさを、新田野でたくさん発見しました。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2009/06/12(金) 15:34:29|
  2. いすみ鉄道沿線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホタルウォッチング | ホーム | いすみ鉄道 桜並木の手入れ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bousouinfo.blog10.fc2.com/tb.php/19-03f23b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。