のんびり、まったり千葉

郊外には豊かな田園と里山が広がり、気候は温暖、野菜や魚もたくさんとれる。
風景も人も、どこなく大らか。そんな素朴で飾らない千葉のいいトコロを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

田んぼの困り者

合鴨くんが活躍する川島自然農園の田んぼ。

エサをとる合鴨 田んぼの合鴨 

この日は、川島自然農園に来ていた千葉県の職員さんに
イネの害になる生き物について教えてもらいました!
千葉県の職員さんは、大学でも農業を学んだ方で、
田んぼのことをとっても良く知っているので、
敬意を持って先生とお呼びします!

● 田んぼの生き物 ●

ドロオイムシ ドロオイムシup

先生「ほら、そこにドロオイムシがいますよ」
生徒「へっ? どこ、どこ?」
このイネの葉っぱについた泥みたいなのがムシ!?
イネの葉っぱを食べて白くしてしまうらしい。
一般の農家では10株あたり2匹見つかると殺虫剤をまく目安になるそう。
川島自然農園の田んぼは、合鴨くんが食べてくれるので安心。

手の上のドロオイムシ

生徒「写真だと虫に見えないな~」
先生「裏返すとわかりますよ」
(クリックで拡大します)

虫をひっくり返して、先生の手の上で撮影させてもらいました。
帰ってネットで調べてみたら、ドロオイムシの背中の泥は、なんとウンチ。日光を避けるためにウンチを背負っているのだそう…。先生、すっ、すみません。しかもピンが微妙にボケている…。

田んぼのヒエ

先生「ほら、あそこに見えるのがヒエですよ」
生徒「先生、全くわかりません…」
(クリックで拡大します)

イネとイネの間に見える草、私にはどうやっても区別がつきませんが、雑穀のヒエなんですって。イネの成長を妨げてしまうので、田んぼに生えるとヒエも雑草扱いです。こちらも小さいうちは合鴨くんが食べてくれるので大丈夫。

ジャンボタニシ卵
生徒
「うへぇ~、何ですかこのド派手なピンクのつぶつぶ」
(クリックで拡大します)

先生「ジャンボタニシの卵です。南米から食用として輸入したものが、捨てられて田んぼで繁殖してしまったのです。この田んぼは、毎年合鴨が食べてくれるのでジャンボタニシの数が少ないですが、大発生して困っている田んぼもあるんですよ」

手乗りタニシ以前「わ~タニシだ。めずらしい」と手に取ったもの、
大きいからこれもジャンボタニシかも…。
ちなみに日本のタニシはイネに害はないそうです。
日本人にはあまり人気が出なかったジャンボタニシも、
合鴨くんは喜んで食べてくれます。


川島さん「カルガモの卵を見たことあります?」
生徒「ないです! 見たいです!」
川島さん「確かその辺の畦にあったんだけどな~、あっ、もう一本向こうかも」
生徒「(心の声)川島さん、この田んぼ30アール(1000坪弱)もあるんですよ~」
と、田んぼの畦を15分くらい探しまくって、カルガモの卵を発見
カルガモ卵 カルガモ親
カルガモは、植えたばかりの小さなイネを食べてしまうので、田んぼでは嫌われています。イネがこのくらい育っていれば問題ないそうで、川島さんも放っておくみたい。右のイネの向こうに卵を心配する親カルガモさんがいます(見えないかな?)。

アオミドロ
これはアオミドロという藻類の一種。
それほど害はないものの、イネが小さいうちは
押し倒されてしまう被害がでるそうです。
もちろん、合鴨くんの好物です。



● 熱血!県庁さん ●

今回教えていただいた先生は、千葉県の農業を支援する部署の職員の方。
県の職員というと最近はいろいろあって風当たりが強そうですが、
先生は稲作農業に情熱を注ぐ熱血青年!

稲作農業の問題について熱い想いを持っています。
先生「農業の問題は難しくてなかなか正解は見つからないけど、やりがいがあります!」
生徒「先生は、農家を訪ねて農業指導をしているんですか?」
先生「指導という言葉は使いたくないんです。農家の方に教えてもらうこともたくさんありますから。農家の方と一緒に考えて良くしていくのが自分の仕事です!」
実際には、新しい農業技術を教えるなど指導的な仕事も多いみたいですが、先生はどうも「指導」という上からの姿勢が嫌いみたいです。川島さんのような農家の皆さんと情報交換をしながら、農家だけでなく消費者団体の人たちとの勉強会を開いたりして、お米づくりが元気になる方法を探しています。

最近とてもお米が安くなったなぁと感じます。食費が安いのはいいけれど、儲からない米づくりがイヤになって、稲作をする人がいなくなったらどうなるんだろう…。お米まで輸入に頼るようになったらやっぱり不安。

でも先生みたいな人たちが行政でも頑張ってくれていたら、少しは希望が持てるかも…。お米を買うときも、つくってくれる人のことを少しは考えたいなあと、思う今日この頃です。

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2009/06/25(木) 23:50:55|
  2. 合鴨米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<働く合鴨くん! | ホーム | 合鴨くん、田んぼデビュー!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bousouinfo.blog10.fc2.com/tb.php/26-0a8ca03e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。