のんびり、まったり千葉

郊外には豊かな田園と里山が広がり、気候は温暖、野菜や魚もたくさんとれる。
風景も人も、どこなく大らか。そんな素朴で飾らない千葉のいいトコロを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

稲の花

台風の大雨に地震、
被害にあわれた方々に心からお見舞い申し上げます。

千葉でも、千葉駅前のトンネルが冠水したり、電車も遅れたりしたそう。
田んぼの稲が水につかってしまったという話も聞きました。
合鴨くんが活躍する川島自然農園の田んぼは大丈夫かな?と、
川島さんにメールをしてみたら、

田んぼも合鴨くんも大丈夫とのこと。ホッ。

川島自然農園のある旧成東町周辺の田んぼは、
用水と排水が別になっているので、今回の大雨でも問題なかったようです。

ではでは、ちょっとご無沙汰していましたが
8月上旬の田んぼの様子をご紹介します。

風わたる田
田んぼの上を風がさーっと吹き渡ると、
青い稲が波打ち、雲の影が流れて、とても涼しげです。
この時期、田んぼを眺めるのも気持ちいいですよ。

ただ、他の田んぼに比べると、
合鴨農法の稲はしっかりしているようで、
風が吹いてもあまりしならないような気が...。

合鴨の足跡 稲の成長
田んぼには合鴨くんの足跡がいっぱい。

稲の背もすっかり伸びて、1m弱くらいはありそうです。

でも、ここまで稲が大きくなっていると、
合鴨くんは見つけられないかな…
と思っていたら、い、いた。
[高画質で再生]


しかもこっちに近づいてきます。
いつもは逃げるのに、な、なぜ…。
エサとか持ってませんよ、私。

そばにやってきたものの、
どうやら私に興味があるんじゃなさそう…。


気を取り直して、近くの田んぼをよく見てみると…。
稲の花
花が咲いていました! 
籾殻になる部分の間から、
おしべとめしべがのぞいています。
あまりに小さくて写真がむずかし~!

稲の花はとても控えめなので、
立ち止まってじっくり見ないと楽しめません。
しかも、開花期間は4~5日と短く、雨の日は咲きません。
通常は、午前中の数時間しか咲いていないので、
見かけた人はラッキーですよ!

私は開花を狙って行ったのに、
1日目は曇りで空振り…、2回目にやっと見られました。

千葉は早生のお米が多いので、
今の時期は、ほとんど開花は終わってしまっているかも…。
晩生のお米だと8月中~下旬に開花するそうです。
いろいろなお米を育てている川島自然農園では
7月下旬から、8月中~下旬頃まで稲の花が見られます。

ちなみに、早生品種は「ゆきひかり」など、
中生品種は千葉で開発した「ゆめかなえ」「ふさおとめ」「ふさこがね」など、
晩生品種には「サリークイーン」などがあるそうです。
ゆめかなえ出穂 稲の花 ゆきひかり稲穂
左が開花前の稲穂「ゆめかなえ」
真ん中が開花中「ゆめかなえ」
右が開花後「ゆきひかり」
写真をクリックすると拡大します。

今年の関東地方は、はっきりしないお天気が続いて、
陽射しが少なく、穀類の不作が心配されていますが、
合鴨米は元気に育っているようです。 合鴨くんありがとう!

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2009/08/13(木) 14:40:27|
  2. 合鴨米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<千葉市民花火大会 | ホーム | インディカ玄米で夏バテ解消!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bousouinfo.blog10.fc2.com/tb.php/32-d886a64b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。