のんびり、まったり千葉

郊外には豊かな田園と里山が広がり、気候は温暖、野菜や魚もたくさんとれる。
風景も人も、どこなく大らか。そんな素朴で飾らない千葉のいいトコロを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コンバインの車窓から…

無農薬の合鴨米をつくっている川島自然農園

10月の上旬、
動くミニ工場のようなコンバインでの稲刈りは続きます…。
コンバイン2 コンバイン1

コンバイン通過


コンバインが通った後は、
こんな感じ。



コンバイの車窓から眺める景色は..。
[高画質で再生]


目線が高くなるので、気持ちいいですよ。
ただ田んぼの土が軟らかいせいか、結構揺れるので、
当然ながら、乗り心地はあまりよくありません。

コンバインの運転席!
コンバイン操作スティック
このジョイスティックみたいなものがハンドルの代わり。
このスティックの操作で方向だけでなく、
刈り取りをする刃の上下の調整も一緒にします。
刃を下げすぎて土を巻き込んでしまうと、
機械が止まってしまうので、微妙な調節が必要だそうです。
慣れるとゲーム感覚でできるかも、ちょっと楽しそうです。

コンバイン車内
車内にはエアコンとラジオもついてます!
とは言っても、ガラス張りのような車内は
陽射しが差し込むと温室のよう。あっ、あつい~。


半分くらい稲を刈ると、
何やら筒のようなものを伸ばして…。
積み込み1 積み込み2
コンバインの中にたまった籾を運搬用のクルマに移します。
以前は、いちいち籾を袋に詰めて運んだそうですが、
今は、クルマに直接積めるようになったんだとか。う~ん、便利ですね。

新米積み込み

筒の先をのぞきこんでみると...、
ホコリがすごいです。


新米運搬2
刈り取ったばかりの新米の山。



この日は前日に雨がふったので、機械で刈り取りしやすいように、
稲が乾くのを待って、午後遅くからの作業でした。
稲刈りが終わったころはすっかり日が傾いています。
夕日
こちらは11月に刈り入れ予定のサリークイーン。
稲刈りはまだ続きます。

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2009/10/31(土) 22:31:02|
  2. 合鴨米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊藤左千夫ゆかりの茶会 | ホーム | 稲刈り!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bousouinfo.blog10.fc2.com/tb.php/41-41668745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。