のんびり、まったり千葉

郊外には豊かな田園と里山が広がり、気候は温暖、野菜や魚もたくさんとれる。
風景も人も、どこなく大らか。そんな素朴で飾らない千葉のいいトコロを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

命がいっぱい寺田本家 その2


ブログタイトルどおり、のんびり、まったり更新中です...

自然でオーガニックな日本酒をつくっている寺田本家さん。

蔵見学会の続きです...。

さあ、いよいよ酒造りの現場!!!

最初に見せていただいたのは、洗米をする“洗い場”と、お米を蒸す“こしき”

洗い場 こしきと洗い場

大きなこしきからは、湯気が立っていますが、
土間のような洗い場は、ほとんど外と同じで寒いです。
ピリッとした空気が清々しく、お寺や神社のような神聖な雰囲気があります。

説明を聞いているうちに、洗米の作業が始まりました。

1月下旬...、外気のような寒さの中で、素手でお米を洗います。
もちろん、お湯じゃありませんよ...。

タイミングを合わせて、いっせいに水から引き上げます。
威勢の良い洗いっぷりに、しばし感動!

[高画質で再生]

寺田本家 酒造り 洗米

蔵人さんは、手作業を大切にしている理由や酒造りの作業に込められた想い、その背後にある歴史、言葉のルーツなどをていねいに話しながら、ゆっくり時間をかけて、作業を見せてくれます。

こちらは“こうじむろ”

こうじむろ1 こうじむろ3


蒸したお米を麹菌とまぜて発酵させるところなので、
甘酒のような香りと、ヒノキ風呂のような木の良い香り。
洗い場と一転して、温度は30度、湿度は80%、あぢ~。
蒸し上がったお米は、人肌にさまして麹菌とまぜ、
右の写真のようにふとんでくるんで、まず3日間発酵させます

“こうじむろ”の中まで見学させてくれる酒蔵さんは珍しいそうです。
人についている雑菌が、“こうじむろ”入ってしまうから、
普通は見学者や外部の人は極力入れないところが多いのだそうです。
でも、寺田本家さんは、人が自然に持っている菌を排除したりしません。
腸内の善玉菌・悪玉菌みたいに、良い菌が多ければ、悪い菌は繁殖しにくいのでしょうね。

これが発酵につかわれている“いなこうじ(稲麹)”
黒っぽく見える麹菌は、肉眼でみるとカビのよう。

いなこうじ こうじむろ2

“こうじむろ”には、体にいい麹菌が
たくさん浮遊しているという話で、見学者一同おもいっきり深呼吸。
壁にうっすら積もっているうす~い緑色のホコリのような“いなこうじ”を
お肌につけるとキレイになると聞くと、
女性だけでなく、男性も壁のホコリをすり込んでました(笑)

ここにいたら何だか健康になれそうな気がします...。

寺田本家さんには、女性の蔵人さんが何人もいましたが、
みなさん本当に肌がキレイ。
色が白くて、もちもちしていて、うらやましい...。
説明をしてくれた男性も、お肌スベスベ。
みなさん若いからかなと思ったら、
社長さんも頭までツルツルだそうです(笑)
後ほど写真で登場いただきます。

この続きは、その3で。

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/03/08(月) 23:11:48|
  2. オーガニックな日本酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いすみ鉄道沿線 新田野の観桜会2010 | ホーム | 命がいっぱい 寺田本家の酒造り その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bousouinfo.blog10.fc2.com/tb.php/47-f4406a5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。