のんびり、まったり千葉

郊外には豊かな田園と里山が広がり、気候は温暖、野菜や魚もたくさんとれる。
風景も人も、どこなく大らか。そんな素朴で飾らない千葉のいいトコロを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

合鴨米の海外戦略!?

JICAの研修プログラムで、合鴨農法・自然農法を学ぶために川島自然農園を訪れたアフリカ諸国の皆さん。

田んぼから場所を移して、集会所のお座敷で日本のお米の試食と意見交換会!

サリークイーン試食の様子
 

 みなさんが食べているのは
 サリークイーンという品種のお米。

 アフリカやインドなどで食べられている
 長細くて香りのよいインディカ米と
 日本のお米を交配してつくったお米です。

 


サリークイーンは、インディカ米の中でもブランド米として有名な“バスマティ”と
日本のお米を交配してつくったお米で、ポップコーンのような香りと細長くてパラパラした食感が特長。

カレーやタイ料理など、スパイシーな味ととっても相性がよく、夏にはぴったりのお米


ナシゴレン2 グリーンカレー2

食通の間では人気なのか、「サリークイーン」で検索をして、わざわざこのブログを見てくださる方も結構いるんですよ。


タイ料理のお店などで食べるお米より、少し小振りな粒で、香りが上品な感じ。
日本人にはとっても食べやすいお米だと思います。


サリークイーン米 サリークイーン飯


みなさんの試食の感想も上々。

香りが物足りないという方もいましたが、
「自分たちの国でも売れる!」とほめてくださった方も多かったです。

アフリカからの研修生の中にはバスマティ米のスペシャリストもいらっしゃったので、
川島さんも、に味や香りについての意見を真剣に聞いていました。

さらに、アフリカ諸国でのお米の値段や調理法などについてのアンケートも実施。

実は川島さん、お米を海外に輸出したいと考えているのです。

今のところ川島自然農園の合鴨米は、ほとんどが受注生産のような形で、
毎年、無農薬のおいしい合鴨米を楽しみにしてくださるお客さんに買っていただけています。

でも、将来的に、日本の市場だけを見ていては、農家は生き残れないという危機感から
成長するアジアやアフリカで、付加価値のあるお米を販売できないか模索しているそう。

お米の輸出には乗り越えなくてはならない壁がたくさんあります。

最も高い壁は、やはり輸送コスト。

さらに、お米は植物の種子でもあるので、
輸出にはたくさんの規制があるそうです。
基本的にモミ付きや玄米は、種子とみなされて輸出が難しい...。
でも、お米の品質を保つためには、モミ付きや玄米での輸送が好ましい...。
などなど...。

無農薬・無化学肥料の合鴨米の販売を始めた時も、
チラシ配りから、自力で販路を開拓した川島さん。
お米の輸出でも地道なチャレンジを続けています。

川島自然農園のウェブサイトは、ずいぶん前から日・英・仏の三か国語!
英語とフランス語は、合鴨米を応援するお客さんがボランティアで翻訳してくれました。
NHK国際放送のラジオ番組への出演も今回が2回目です。

川島さんの言葉によれば、
成田のすぐそばの山武市にある川島自然農園の田んぼは、
自称「世界にいちばん近い田んぼ」だそうです

スイカも試食2 スイカも試食

デザートのとれたてのスイカを食べながら、
お米づくりや農業に対する熱い思いを語り合う一時。

アフリカというと遠い国のような気がしますが、
お米が好きで、農業を元気にしたいと思う気持ちは同じですね!

来年もアフリカのみなさんに来てほしいなぁ。

お疲れさまでした!

テーマ: - ジャンル:ライフ

  1. 2010/08/01(日) 16:25:26|
  2. 合鴨米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マダガスカルのお米づくり | ホーム | 田んぼでプチ国際交流>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bousouinfo.blog10.fc2.com/tb.php/59-fbc539b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。