のんびり、まったり千葉

郊外には豊かな田園と里山が広がり、気候は温暖、野菜や魚もたくさんとれる。
風景も人も、どこなく大らか。そんな素朴で飾らない千葉のいいトコロを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大原はだか祭り

毎年9月23日、24日は、“大原はだか祭り”が開催されます。

御神輿が大原漁港の海に入る壮観な23日の“汐ふみ”はテレビや新聞などで取り上げられることも多いので、ご存じの方も多いと思います。新聞によると今年は5万人もの人出があったそうです。

お祭りの2日目は、汐ふみは行われませんが、大原小学校の校庭を御神輿が駆け巡り、祭りの終わりを惜しむ“大別れ式”や御神輿が夜遅くまで商店街でもみあう“商店街渡御”は前日と同じように行われます。「祭りへの想いがこもった“大別れ式”も見応えがありますよ」との地元の方の言葉に誘われて、24日の夕方から出かけてきました。

大原駅前924
午後4時半くらいに大原駅に到着すると
JR大原駅前は、いつもよりたくさんの人。
小さな子どももお祭りの装束で、走り回っています。



いすみ鉄道924
こちらは、いすみ鉄道の大原駅。
黄色い列車が入ってきました。




商店街通り
駅前から商店街の方向を望むと、
大原小学校に校庭に向かって、
御神輿がもみあいながら商店街を通る
“商店街渡御”を見ようとたくさんの人が…。



大原小学校校舎 大原小学校校庭
私たちは人混みを避けて、“大別れ式”が行われる大原小学校に先回り。


大別れ会の御輿 商店街のお囃子
御神輿が校庭に入ってきました。子どもたちのお囃子が聞こえます。
お囃子には楽譜がないので、地域の先輩から後輩へと口伝えで伝承されるとのこと。和楽器のリズムを耳で覚えるのはなかなか難しいそうですが、「私も子どもの頃はお囃子をやったんですよ」と話す地元の方はとても誇らしげ。子どもたちが年長の人から地域の文化を習って、お祭りの中できちんと役割を与えられているのって、とても素敵なことだと思いました。

[高画質で再生]


次々と校庭に集まってきた御神輿が、迫力ある疾走を繰り広げます。
それにしても、御神輿を抱えて駆け巡るなんて、
なんとも体力のいるお祭りです…。
小浜三社と呼ばれる海に近い3つの神社は最後まで疾走を続けるそうですが、他の御神輿は少しずつ輪を離れて鎮座します。体力のある海の男が多い地域や人数が多く担ぎ手の交代ができる地域、若い人の多い地域は、長い間走り続けられるのだそうです。

御神輿と月
空にはお月様、提灯に火が灯されます。
お祭りには20前後の御神輿が参加。
神社毎にはちまきとお腹の布の色が
違うそうです。



[高画質で再生]


疾走の輪から離れた御神輿。何度も投げ上げられます。
ひときわ目立つこの金色の御神輿は、親神と呼ばれる神社のものだそうです。


花火が上がって、大別れ式はフィナーレを迎えます。
この後、御神輿は夜遅くまで商店街をもみ合いながら往き来します。
商店街を行く御神輿
夜になってくると、担ぎ手には体力のある若い人が目立ってきます。
あまり広いとは言えない通りを駆け抜ける御神輿はかなりの迫力。
二基の御神輿がすれ違いながら、見物の人のすぐ脇を通り抜ける様は、
なかなかスリリングです。

商店街で御神輿が来るのを待っていると、
「久しぶり! 元気」「覚えてる?」と
一緒に待っていた地元の方に次々と声がかかります。
町の外で暮らす人は、お祭りに合わせて里帰りするそう。
だからこの地域では、わざわざ同窓会を開く必要がないとのこと。

お祭りを案内してくださった方は、地元の高校の先生でもあるので、
お祭りの装束に身を包んだ高校生や先生からも次々と声がかかります。

私が育った地域は新興住宅街で、
先生は、お祭りではもっぱら生徒指導の見回り役。
一緒にお祭りを楽しむという雰囲気は全然ありませんでした。
先生も生徒も、大人も子どもも、みんなが一緒に楽しめて、
地域の誰もが誇りに思うお祭り、とてもうらやましいです…。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2009/10/08(木) 00:49:53|
  2. いすみ鉄道沿線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホタルウォッチングトレイン


昨日、いすみ鉄道のホタルウォッチングトレインに乗ってきました!

ホタルトレイン

最終日の昨日は、あいにくの雨模様でしたが、
雨のいすみ鉄道も風情があっていいものです。遠くの山が煙って見えます。
ホームから見える山1
いすみ鉄道 大多喜駅からの眺め

大多喜駅前では、楽しみにしていた竹の子カレーをいただきました!
昨日は6時過ぎには売り切れてしまったそうなので、
ありつけてヨカッタ~。

竹の子カレー みつ豆 きゃらぶき

歯ごたえのいい竹の子がコロコロ入って300円。
子どもさんでもモリモリ食べられる優しい味のカレー。
隣に座っていた小学生くらいの男の子は
「2杯も食べたよ!」って教えてくれました。

調子に乗ってみつ豆(200円)も!
寒天から手作りしたみつ豆は、黒豆の代わりに小豆が入っていて、
カレーの後のデザートにピッタリでした。

右端はおみやげに買ったきゃらぶき。フキを煮付けて佃煮風にしたもの。
ビールにも、ご飯にも合いそうです! 家に帰ってからの楽しみができました。

前日の土曜日は、300人近くの参加者があったそうですが、
この日は日曜日だったせいか、参加者は少なめで45人くらい。

大多喜駅前ものんびりした雰囲気。
大多喜駅前2 大多喜駅前1

大多喜商店街の女将さんたちでつくる葵の会の皆さんが、
「どこから来たんですか?」
「写真撮ってあげようか?」
なんて声をかけてくれて、列車を待つ間もあっと言う間。

大多喜駅ホームの人
電車を待つホームもあまり混雑していません。

小谷松駅アジサイ
車内では、ハッピを着たいすみ鉄道の方が、沿線のことやホタルのことなど、ユーモアたっぷりに話してくれて、写真を撮るのを忘れるくらい楽しかったです。写真は慌てて撮った小谷松駅のアジサイのライトアップ。

いすみ鉄道沿線のきれいな写真はこちらのサイトへ
いすみ鉄道ファンhttp://blog.goo.ne.jp/isumitetudo
リンクにもいすみ鉄道の写真や動画が見られるブログがいっぱいです!

バス
ホタルウォッチングトレインは、行き先が秘密のミステリートレインなので、ホタルの群生地の最寄り駅はナイショ。いすみ鉄道を降りるとバスで目的地まで移動します。

バスを降りて少し歩きましたが、ボランティアの誘導員の方が
「こんばんは~」
「雨の中ありがとう」
と声をかけてくれて、まるで故郷に帰ってきたみたい。

川にかかる橋の上で足を止めて少し待っていると、
7時半頃から、川下の林の中からポツポツと光が! 
だんだん数が増えていって、
緑色の小さな光がふわ~っと舞うように飛び交います。 
見ている私たちの頭の上にもゆっくり飛んできて、
その光を追って川上に目を移すと、そこにもいくつもの点滅する光が…。

ホタルの光と川のせせらぎの音に包まれて、
日常をすっかり忘れさせてくれる素敵な時間でした。

この幻想的な空間を、写真に撮るのは無理とあきらめて、
思うぞうんぶんホタルの舞を楽しみました。

地元の方から聞いた話では、ホタルの光は求愛行動だそう。
なので、長い時間光を点滅させているのは、
なかなか相手を見つけられないホタルだとか…。
なんだかホタルがとっても身近に感じられます…

ホタル冊子


クリックすると拡大します。
右ページは光るホタルの写真。

ホタルの詳しい話は、この冊子(100円)をどうぞ。
大多喜の町の方が書かれたそうです。

この辺りでは、ホタルの時期も終わりに近づき、
あいにくの雨だったので、普段よりホタルは少なかったようで、
案内してくださったいすみ鉄道の方は、申し訳なさそうにしていましたが、
私としては十分にいい時間が過ごせました。

この夜、ホタルと同じくらい印象に残ったのが、
いすみ鉄道や葵の会、ボランティアの皆さんの温かさでした。
豊かな自然と皆さんのおかげで、故郷に帰ったみたいな気分が味わえました。

少人数の、のんびりしたホタルウォッチングがとても気に入ったので、
「来年は会社を早退して、平日に来よう!」なんて、盛り上がりました。

存続の危機に陥っているいすみ鉄道ですが、
来年も、たくさんの人がこんな素敵な時間が過ごせるように、
ずっと、ずっと走り続けて欲しいです。

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/22(月) 18:53:20|
  2. いすみ鉄道沿線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マンドリン・ギター列車

6月12日、いすみ鉄道の列車内で、
大多喜高校のマンドリン・ギター部が演奏を披露してくれる、
マンドリン・ギター列車に乗ってきました。
列車正面
こちらがマンドリン・ギター列車。
列車の前に付いているプレートも大多喜高生の手づくりだそうです。
普通の列車にもう1車両連結して、2両で運行しました。

列車内

大多喜駅を発車すると間もなく演奏が始まりました。

最初の曲は、「カントリーロード」。車窓の田園風景とピッタリです。
その後は、古賀政男の「丘を越えて」、
サウンド・オブ・ミュージックの「マイ・フェイバリット・シングス」、
越路吹雪の「愛の賛歌」、ポルノグラフティの「シスター」など、
幅広い年齢層が楽しめる曲を演奏してくれました。
私が特に気に入ったのがアンジェラ・アキの「手紙」とスピッツの「チェリー」、
郷愁を感じさせる「コンドルが飛んでいく」も良かったです。

演奏をしている前の車両は、ほぼ満席ですが、
2両編成なので、後の車両のほうは、
演奏はかすかにしか聞こえませんがゆったり座れました。

田園風景 マンドリン ギター
繊細で穏やかな音色と、コトコト走る列車の心地よい揺れ、
車窓から眺める初夏の田園風景の組合せは癒し効果バツグンです。


超短いですが、雰囲気だけでも味わってください。

小谷松アジサイ
アジサイの花も、
まだまだ楽しめそうです。
小谷松駅では、
夜間アジサイのライトアップをしているそう。


あっという間に上総中野駅です。
上総中野 軌道自転車
ここは小湊線との乗り継ぎ駅なので、お隣のホームに小湊鉄道のツートンカラーの列車がいます。こちらもカワイイです。マンドリン・ギター列車は、上総中野駅から折り返して大原まで行き、再び大多喜駅に戻ります。

右の写真は、線路などを修理するときに今でも使われているものだそうです。写真を撮っていた方がいたので、真似して、用途まで教えていただきました。いすみ鉄道に乗っている方は皆さん親切です。

maruさん3
mokaのヴォーカルmaruさんが、
いすみ鉄道応援ソング「黄色い列車」
を歌ってくれました!

いすみ鉄道ファンのサイトにリンクがあったので、web上では何度も聴かせていただいていましたが、生で聴けるなんてビックリ。澄んだ歌声がとても素敵でした。写真掲載OKとのことだったので、列車の揺れであまり上手く撮れなかったのですが載せさせてもらいます。maruさんありがとうございます。

座席のマンドリン
演奏に使ったマンドリン。
カタチがとてもカワイかったので、
生徒さんにお願いして
撮らせていただきました。

写真が撮りやすいように、はじっこを押さえてくれた
優しい生徒さんどうもありがとうございます。

揺れる列車の中での演奏は、大変だったと思いますが、ずっと素敵な調べを奏でてくれた生徒さんたち。リハーサルの時は、列車の揺れに酔ってしまった人もいたとか…。当日は、そんな様子は少しみせずに、心地よい音色を聴かせてくれました。
わかりやすく演奏曲や楽器の説明もしてくれて、とても楽しめました。いすみ鉄道グッズのPRもちゃんとしていたところは、さすが大多喜高生。(いすみ鉄道は廃線の危機にさらされていて、大多喜高校の皆さんは、大切な通学の足を守るために駅の清掃やイベント列車の企画などさまざまな努力をしています)
次の土曜日、6月20日は大多喜高校の文化祭「明善祭」だそうです。美術や音楽などに秀でた生徒さんが多いとのこと、文化際も楽しみです。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/14(日) 01:52:26|
  2. いすみ鉄道沿線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ホタルウォッチング

新田野の皆さんとの楽しい時間を過ごした後、
ホタルウォッチングに行きました。
山田ホタル1 山田ホタル2
ホタルはたくさんいたのですが、私のカメラではこれが限界。
場所は、いすみ市山田地区の山田川の近く。
付近はホタルの群生地で、ホタルの里として保護されています。

7時半ごろに到着すると、ホタルが徐々に光を放ち始めました。
すぐ近くまで飛んでくるホタルもいて、とても幻想的。

この日は6月の最初の日曜日で、
ホタルは多少上流の方に移動してしまったようでしたが、十分楽しめました。

5月の下旬には、いすみ市の方が案内をしてくれるバスツアーがあったようです。
近くにはクルマを停める場所もありますが、7時半頃にはいっぱいになっていました。辺りは電灯が少なくて暗く、人がとても多いので運転は注意が必要です。

チラシ表 チラシ裏
地元の方の話では、
これからの時期はいすみ鉄道のホタルウォッチングトレインがお勧めだそうです。
ホタルウォッチングトレインは、6月7日(日)~21日(日)の間、大原駅を18:15に発車して、大多喜駅の先の○○駅からバスでホタルの群生地まで向かうそうです。(詳しくは写真をクリックしてチラシをご覧ください)
群生地は列車に乗ってみるまで秘密のミステリートレインです。
地元の方で一足先にこの群生地を見た方の情報によると、ホタルはだんだん山の方に移動してしまうので、6月は山田地区よりも、こちらの方が断然良いとのことでした。
土日の列車は予約制なのでご注意を。予約方法は右の写真をクリックしてください。

明日、6月13日(土)には、
大多喜高校のマンドリン・ギター部の演奏が楽しめる
マンドリン・ギター列車が運行するそうです。

運行予定は
大多喜(10:14)⇒上総中野(10:43)⇒大多喜(11:07)⇒大原(11:46)⇒大多喜着(12:17)
詳しくはいすみ鉄道のウェブサイトでご確認ください。

大多喜高校は、音楽や芸術のレベルがとても高い学校だそうでなので、
いすみ鉄道で、素晴らしい一時が過ごせそうですね。
国吉駅アジサイ2 国吉駅アジサイ1
こちらは、6月7日の国吉駅のアジサイです。

この時期は、アジサイも見頃なので、
マンドリン・ギターの演奏を聴きながら、
アジサイを楽しむのも素敵ですね。

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/12(金) 16:28:12|
  2. いすみ鉄道沿線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いすみ鉄道 豊かな田舎暮らし

いすみ鉄道の新田野駅近くの桜並木を育てている皆さんに、
桜の下草刈りの様子を見せていただいた後、
反省会(という名の飲み会)にも参加させてもらいました。
新田野駅090607
こちらは、いすみ鉄道の新田野駅。田んぼに囲まれた、なんとものどかな所ですいすみ鉄道は1時間に1本くらいしか列車がありませんが、こんな駅でのんびり列車を待つというのも、贅沢な時間の使い方かもしれません。

新田野列車090607
反省会の会場となったのは地域のお寺「西照院」からの眺め。
少し高台にあり見晴らしが素晴らしいです。

真竹 カツオ
おつまみを持ち寄っての反省会です。左は、近くで採れた真竹。ちょっぴり苦みがあって、まさに旬の味。右はカツオ、新田野は大原や勝浦にも近いので、おいしい海の幸も楽しめます。魚をさばくのが上手な男性も多いそうで、カツオも丸ごと一匹さばいてしまうとか…。

この辺りは、土地が粘土質で、水がきれいなので、おいしいいすみ米でも有名。地域の多くの方が兼業農家なので、新鮮な野菜にも事欠かないせいか、板前さん級の料理の腕を持つ人もいらっしゃいます。近くには、ファミレスも、ファーストフードもないけれど、本当の意味で食が豊かな所だと思いました。

反省会
新田野の皆さんは、とてもユニークな方ばかり。職業もそれぞれ違い、クルマに詳しい方、植物に詳しい方、大工仕事が得意な方、地域の歴史に造詣が深い方など、いろいろな特技を持っています。

桜並木をつくるときも、重機を借りて土地の造成から始めたそうです。植木に関する知識が豊富な方も多いので、見事な桜に育ちました。

その他にも、バスを待つ子どもたちのためにバス停に小屋をつくってしまったり、バスを利用する子どもたちが減ったらその小屋をゴミステーションに再利用したり、お寺に続く坂道を舗装したり、自分たちの力で暮らしやすい地域をつくっています。

リーダー プリンセスダイアナ
こちらは、皆さんから慕われる長老。長老という呼び方に違和感をおぼえるほど、若々しくて、頼りがいのある、素敵な方です。地域の中心的存在であるだけでなく、バラを育てる達人。ご自宅のお庭には数え切れないほどの見事なバラの株がありました。野バラに接ぎ木をして、大輪の花を咲かせる丈夫なバラを育てているそう。写真のプリンセスダイアナという品種は、今年は直径が18cmほどもある花を咲かせたそうです。今回は、花の時期を逃してしまったので、秋にはぜひ満開のバラを紹介したいです。

新田野の皆さんは、土地の歴史にも詳しく、お祭りや地域の行事なども大切にしています。今でも昔の屋号でお互いを呼び合うなど、地域の伝統や文化が生活の中でしっかり息づいているように感じました。

自分たちの住む場所を自分たちの手で良くしていこうという新田野の皆さんは、とてもイキイキとして見えます。便利だけれど、地域との結びつきが希薄な都会にはない豊かさを、新田野でたくさん発見しました。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2009/06/12(金) 15:34:29|
  2. いすみ鉄道沿線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。